<お役立ちガイド>家賃交渉をする時のコツ

"賃貸と言いましてもアパートとマンションがあり、そのタイプによって賃料も大きく異なり物件探しの肝となります。
中には一軒家タイプの賃貸物件もありますので、集合住宅が苦手な人はそのような賃貸も大変オススメです。もし値下げの交渉を考えているのでしたら家賃と礼金の2つとなります。
これら2つの値下げを同時にしてもらうことはまず難しいので、実質は礼金のみの値下げ交渉となるでしょう。

 

値下げの交渉をする時には必ず合計支払金額で計算するようにしてください。
「とにかく初期費用を減らしたいから」という理由ではなく、契約期間である2年間単位で値下げ交渉をしましょう。交渉をすることが出来るものは家賃、礼金、敷金の3つとなります。
ただし敷金の値下げ交渉としても、契約満了時には戻ってくるお金ですので、意味のある交渉とは言えません。"



<お役立ちガイド>家賃交渉をする時のコツブログ:2017/7/15

置き換えダイエットとは、
24時間3食のうちの1〜2食をダイエット食品などに
置き換えるダイエット法のことで、
24時間あたりの摂取カロリーを減らして痩せることを目的としており、
置き換える食べる事は夕食が一番効果的とされています。

「朝方食を抜く」「夕食を抜く」など
1食抜いてカロリーを減らす方法よりも健康的ですし、
空腹によって仕事や勉強などに支障が出ることも抑えることが出来ます。

置き換えダイエットが成功するかどうかのポイントは、
「通常摂取している食品を、どんな食品に置き換えるのか」
ということでしょう。

自分に向いているダイエット食品を選ぶことが、
置き換えダイエットを成功させるためのコツと言えるのです。

置き換え用食品には必要な栄養分がきちんと含まれているものなど、
体に負担をかけることのないものを選ぶと安心です。

置き換えダイエットを誤った方法で実践すると、
栄養不足などによって便秘や肌荒れ、
健康被害を引き起こしてしまう恐れがあります。

置き換える食品のカロリーは、
1食分当たり50〜200kcalと低カロリーで満腹感が得られるものが多く、
現在、置き換え用食品としてダイエット食品が数多く販売されています。

それらの中から選ぶ時には、
各商品の成分を必ずチェックすることが大切で、
ダイエットで不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分だけでなく、
食欲や吸収を抑制する成分が含まれているものもあります。

このように、置き換えダイエットは
手軽にカロリーコントロールができるのがメリットですが、
いくら置き換え用食品の栄養に気をつけていても、
残りの食べる事で偏食していて効果が現れませんよ。



このページの先頭へ戻る